音のバリアフリーを実現するミライのバリアフリースピーカーミライスピーカー®で「みんな聞こえる」をいつものくらしに。

ミライスピーカー®とは?

遠くまでハッキリ聴こえる、
“音”のバリアフリーを実現する、
みんなに優しいスピーカーです。

ミライスピーカー

「ミライスピーカー®」は、大きい音を出さなくても遠くまで響き渡り、
言葉や音楽の明瞭度をあげる曲面サウンド空間を創る、特許取得済みのスピーカーです。

「聴こえる」暮らしを社会に広げる

「聴こえる」暮らしを社会に広げる

毎日の暮らしのなかで「聴こえにくい」という問題を抱え、ときには危険すら感じている人たちがいます。
ミライスピーカー®は、そうした方々に「音」という幸せを届け、「みんなが聴こえる」ことが当たり前のくらしを社会に広げるサポートをしています。

 

蓄音機から生まれた「聴こえやすい」スピーカー

「蓄音機の音はクリアに聴こえる」という一言が研究・開発のきっかけでした。

 

曲面から発生した音波が耳元まで音を届けます。

従来のスピーカーと異なり、曲面から発生した音が耳元まで音を減衰させずに届けます。

音のバリアフリーを実現する「ミライスピーカー®」の曲面サウンド

例えば、多くの人が集まる空港や駅ビル、セミナールームなどの空間。
音による情報が、うまく聞き取れない・伝わらないことが多々あります。
人により「聴こえ」の程度に違いがあることも事実です。

一点の音源から音を発する従来のスピーカーとは異なり、
「ミライスピーカー®」は曲面の振動板全体で音を発生させるため、
音波が平面波に近く、拡散しないで耳元まで音を届けることができます。
それにより、普通のスピーカーより遠くまで多くの方に音が届きます。

音のバリアフリーを実現する「ミライスピーカー®」の曲面サウンド

 

試聴された方の約7割が「聴こえの良さ」を実感。

2015年4月、筑波技術大学とミライスピーカー®の試聴実験を行いました。結果、約70%の被験者に「ミライスピーカー®」は聴こえやすい※という結果がでました。

※聴こえの良さには、個人差があり、すべての方に聴こえの良さを保証するものではありません

 

さまざまな事業シーンで“音”のバリアフリーを実現

病院・老人福祉施設・銀行・行政サービス・式場をはじめ、さまざまな事業シーンで「ミライスピーカー®」をご活用いただき、「ミライスピーカー®」の普及によって社会における“音”のバリアフリーを実現するため、難聴の方々の役に立つ技術開発を進めていきたいと考えています。

こんなところにミライスピーカー

 

ミライスピーカー®の主な仕様

ミライスピーカー

サイズ W140mm×H260mm×D260mm
重さ 約3.5kg
駆動方式 局面振動板スピーカー
入力感度 500mVアンプ内蔵タイプスピーカー
再生周波数 100Hz〜15kHz
出力 82dB SPL
消費電力 100V 0.5A
知的財産 特許取得済:特許第5668233号
商標登録済:登録第5755792号

株式会社MSAは事業者の皆様がミライスピーカー®を導入するお手伝いをしております。

ミライスピーカー®に関する
お問い合わせはこちらから

株式会社MSAについて
株式会社 M S Aはミライスピーカー®の正規認定代理店として、事業者様のミライスピーカー®の導入をお手伝いしております。
「障害者差別解消法」対応

特許技術を有し、小さな音量で聴こえ、ハウリングもほとんどない、新しい原理のスピーカーです。

「障害者差別解消法」対応

導入事例

野村證券の渋谷支店様と千葉支店様の支店セミナーで、ミライスピーカー®をご利用いただきました。

導入事例